プロジェクトの工程と作業の流れついて
Work Flow
HOME 事業内容 Work Flow 会社概要 お問い合せ

コミュニケーションを重視したワークフローによりお客様の要望を的確に実現します。


TN Development では、プロジェクトの工程を主に6つに分け、各工程において様々な形でお客様とのコミュニケーションを図ります。
こうすることで、決定・未決定事項がわかりやすくなると同時に、お客様が次の何を話し合う必要があるかの予測が立てやすく、
スムースにコミュニケーションを行えます。

1.プランニング
2.詳細決定
3.デザイン
ヒアリング
お客様の要望をお聞きし、どのようなサービスが行えるかをご提案します。
コンサルティング
日常業務内容を検証し、IT化の有効性・予算などを考慮しながらご提案します。
企画
導入すべきシステムの企画を行います。
スケジューリング
お客様の状況を踏まえ、プロジェクトのスケジュールを組みます。
仕様書作成
システムの詳細な仕様書を作成します。主にデータの構造や動きについて決定します。
インターフェイス仕様書作成
操作画面の仕様書を作成します。ここでは主に、どの画面ではどんな情報が表示されるのか、どんな機能があるのかなどを決定します。
インターフェイスデザイン
インターフェイスのデザインは、はじめに主要な数画面のデザインを行い、お客様に確認していただき、その後に他の画面のデザインを行います。
4.開発
5.テスト・デバッグ
6.納品
データベース設置
データベースを設置し、初期データの入力を行います。
プログラミング
PHP、CGI、HTML、VBなどの各種プログラミングを行い、システムを構築していきます。
社内テスト
システムの動作検証を行います。問題点を修正します。
ユーザーテスト
部分的・全体的なシステムの検証をお客様側で行っていただきます。問題点の報告を受け、修正を行います。また、お客様の要望により、変更が必要な場合には仕様書を見直し、再度スケジューリングを行い、変更していきます。
運用説明
システムの運用・使用に関する説明を行います。
ポスト・コンサルティング
システムの改良や拡張に関するご提案や次期導入システムに関するご提案を行います。

※工程はプロジェクトによって変わってきます。

HOME |  事業内容 |  Work Flow |  会社概要 |  お問い合せ | 
COPYRIGHT (C) TN Development ALL RIGHTS RESERVED.